12/17(日) 森ノ宮医療大学にて難病コミュニケーション支援講座が開催されます。

SMA(脊髄性筋萎縮症)など難病の疾患を持った患者さんとのコミュニケーションの確保が大変難しいという現状の課題があり、支援者に十分な知識を持ってもらうための支援者向け講座と、スイッチやコミュニケーション機器の操作に悩む患者さんとご家族への相談会が森ノ宮医療大学にて開催されます。
この中でこころかさねの機器も体験いただけます。
他にも、患者さんがよく使われる機器や視線入力など様々な機器が体験いただけます。
詳しくはSMA家族の会のHPをご確認ください。