2/3(土) – 2/4(日) 愛媛にて難病コミュニケーション支援講座が開催されます。

ALSなどの神経難病患者へのコミュニケーション支援について、基礎知識と支援機器の操作体験をまじえた講習会が愛媛県総合社会福祉会館にて開催されます。
口文字や透明文字盤を使っての会話、意思伝達装置「レッツチャット」や「伝の心」など対象者がよく使っている機器を中心に、基本的な使い方から導入方法、入力スイッチの適合など、支援に必要な知識を学ぶことが出来ます。
この中でこころかさねの機器体験も実施する予定です。
詳しくはALS協会のHPをご確認ください。